脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは、美容整形外科などで行われる施術で、脂肪を梳かす成分を含んだ注射を気になるところに打つと、その成分が体内の脂肪をその名の通り溶かし、老廃物として体外に排出してくれるという施術になります。
脂肪吸引は、体にメスを入れて脂肪を体外に排出しますが、脂肪溶解注射の場合は注射を打つだけで、脂肪細胞が体外に排出されるので、脂肪吸引と比べて体に負担をかけることが少ない状態で痩せることができるため、最近注目されている施術です。

とはいえ、体に異物を混入させるので、それなりの負担はかかります。
といっても、一時的なものですので、安心して注射を打って大丈夫なのですが、最初は打ったところが腫れた、アレルギーがある方は、赤みや痒みが出たりといったことがあるようです。
腫れは時間が経つにつれてひいていき、脂肪細胞もそれにともなって溶解され、体外に排出されていきます。

ただし、脂肪溶解注射は、一回(一本)の注射で手のひら分より小さいくらいの脂肪細胞にしかアプローチすることができないので、全身の脂肪溶解を行いたいという方は、かなりの費用と回数が必要になります。
また一度に行うことができず、徐々に施術を行うので、ダイレクトに体内にアプローチするからといって、すぐに痩せられるというわけではないのでご注意を。

また、まれに効果が感じられないという方がいらっしゃるのも、脂肪溶解注射の落とし穴かもしれません。
効果が無いというわけではないのですが、その人に合うか合わないかによって、謳われているような効果が感じられないという方もいらっしゃる様子。
せっかくお金を払って施術を受けても、効果がなければ意味が無いので、心配な方はカウンセリング時に美容整形外科の方にしっかりと相談や質問をして、疑問点を解決しておくことをおすすめします。

とはいえ、脂肪吸引のように体にメスを入れるわけではないので、美容整形といっても比較的手頃な印象がありますし、脂肪吸引よりも費用が安価なので、チャレンジしやすいという点はメリットであるといえるでしょう。
これまで食事制限や運動でダイエットをしてきたけれど、重ような効果が感じられなかったという方は、こういった直接体に働きかけるような施術を行ってみるのもよいかもしれません。

費用はクリニックによって異なりますが、1回でだいたい10万円前後のところが多いようです。
安いからといって信頼できにくいクリニックで施術を受けてしまうとトラブルに発展してしまうこともありますので、ご自身が納得の行くクリニックで施術を受けたほうがよいと思われます。

Comments are closed.