セラピスト

セラピストには、アロマセラピストやカラーセラピストなど、いろいろな職業がありますが、そのいずれも、心や体の美しさ、快適さを引き出すという点については共通したお仕事です。
お客さまをリラックスさせてあげたり、つらいと思われる症状を緩和するお仕事ですから、施術を行う本人が健康で美しくなければ説得力がありません。
そういった意味でも、セラピストは美人な方が多い職業だといえます。

仕事内容

代表的なセラピストだと、アロマセラピストというお仕事があります。
アロマオイルを活用してマッサージを施したり、香りのいやし効果を利用してお客さまの体調を整えて差し上げるお仕事。
アロマテラピーは、海外では医療としても活躍していますので、とても効果の高いセラピーとして日本でもとても人気があります。

アロマセラピストは、サロンで働いている方と、自宅でサロンを運営している方など、いろいろな働き方がありますが、サロン勤務の方の一日をちょっと覗いてみましょう。

まず、サロンの開店30分から1時間くらい前に出勤して、サロン内の掃除や予約の確認、備品の補充などを行います。
前日の閉店後にも掃除などは軽く行われている場合が多いので、朝の掃除はささっと済ませるところが多いようです。
開店したら、お客さまの施術を行ったり、カウンセリングなどのお客さまへの対応を行ったりしながら、サロン業務が進んでいきます。

交換でランチ休憩を取りますが、外にランチを食べに行くサロンと、サロン内で済ませるところとあるようです。
忙しいサロンだと、1時間まるまる休憩をとる時間がないので、ささっと裏で食べてすぐに仕事に戻ることも。
その分暇な日はちょっと外に買い物に出ることができたりして、バランスをとっているそうですよ。

セラピストの種類

アロマセラピスト以外のセラピストだと、カラーセラピストやロミロミセラピスト、フラワーエッセンスセラピストなど、さまざまなセラピストの仕事があります。
リフレクソロジストも、セラピストにあたりますね。

どのセラピストも、セラピーの内用は違えど、サロンワークの流れなどだいたい同じです。
接客業に近いので、土日はお仕事のことが多く、お休みは平日にとる形になります。
自分の自由な時間に働きたいという方は、フリーランスやおうちサロンといった形でセラピストとして活動されているようです。

こうしたサロンに出かけてみると、セラピストの方の美しさの秘密がわかるかも?
美しさに磨きをかけたい方は、ぜひセラピストの施術を受けてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.