受付嬢

企業の玄関を預かる仕事

会社や複合施設のビルを訪れると、その玄関口に見ることができるのが「受付嬢」です。
最近では男女共同参画ということもあり、受付に男性を置くところも増えてはきているものの、やはり圧倒的に多数なのが受付嬢たる女性です。

受付嬢は昔から「キレイな人の仕事」というふうに思われてきたこともあり、そのイメージ通りまるでモデルさんかと思えるような素敵な容姿をされている方をしばしば見かけます。

しかし受付嬢の仕事は見た目の華やかさとは裏腹に地味な事務作業も多く、訪れた人に適切な接客をしつつ希望をしているところに行けるように案内をしていかなくてはいけません。

ですので実際に受付嬢として採用をする場においては、見た目とともに接客技術や機転についても求められることがよくあります。

「顔採用」だけでない厳しい現実も

会社の玄関で訪れる人をお迎えするのが役割の受付嬢ですが、採用についてそのオフィスで働く人達ですら反感を持つこともあるようです。

実際に受付嬢として勤務をしている人の中には「どうせ顔採用のくせに」とあからさまに嫌味を言われた経験を持つ人もかなりいるようです。

ですがプロの受付嬢さんになると、そうした外見へのやっかみは流して美容に意識を持つことが自分の仕事へのプロ意識としっかり考えていたりします。

顔だけで仕事が勤まるものではないですが、実際のところかなり見た目も重要になってくるのが受付嬢ということになります。

Comments are closed.